村上タオル

村上タオルについて

心地のよいタオルを必要な数だけつくる

織っても織っても生産が間に合わない昭和の中頃、数百件にものぼる今治のタオル工場では、とにかくタオルを作り続けてきました。そして、時代の流れや技術の進化に伴い、作れば作るほど在庫の山になるというモノが溢れている現在。
村上タオルも同じような時代をたどるなか、90年という長い歴史と共に築きあげた想いがあります。

それは大量にモノを作ることではなく、安全で安心で環境にやさしく心地よい、本当に必要なモノだけを必要な数だけ作ること。
新しきものを取り入れ、古きものを活かし、使う人のことを想ったタオル。
村上タオルがつくるタオルへの想いがここにあります。

imabari towel japan

今治タオルブランドのマーク&ロゴは「今治タオル工業組合」が付与します。
独自の品質基準に合格した、高品質のタオル商品であることを保証するものです。
村上タオル株式会社は、「今治タオルブランド商品」の製造を行う、今治タオル工業組合加盟企業です。

毎日の暮らしにかけがえのない一枚

拭いて、洗って、乾かして。
毎日の暮らしにあって当たり前、ないと結構困る。タオルはそのようなもの。だからこそ、ここちよく、きもちよく、楽しくありたい。長く使い続けてもらうものだから、一緒に過ごす時間を幸せであってほしい。
使いほどに、かけがいのない一枚へ。

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

TOP